コミケはマンガアニメのお祭り コミケというのはどのようなイベントなのかご存知ですか?

コミケの正式名称の「コミックマーケット」という名前から見ても、わかる通り基本的には漫画の見本市のようなものです。

コミックマーケットとは


ここで言う漫画というのが、一般的な書店で販売しているものではなく、素人作家が自費で出版した書籍(いわゆる同人誌)と呼ばれるものを対象にしているのが特徴です。
ですので、コミケというのは本来素人作家がメインとなって、通常には流通する事がない同人誌を販売するお祭りイベントなのです。


コミックマーケット販売されているジャンルや内容


同人誌にもいろいろありますが、主にアニメや漫画のパロディをメインとした二次創作の同人誌が販売されています。
アニメや漫画のパロディといっても様々なものがあり、主に対象となるのがイベント開催の頃に流行しているものが主に対象となります。

それ以外にも
  • 完全オリジナルの自作漫画や小説を販売する人
  • 鉄道や飛行機などについてまとめた資料を販売する人
  • 軍事や武器の知識や歴史についてまとめたものを販売する人
  • 巨大建造物(ダムや橋など)についての資料を本にまとめては販売している人
など、人によってジャンルも様々です。

近年ではコミックマーケットで自作の音楽やアニメーションやゲームなどを販売している人もいますので、漫画やアニメだけを販売しているイベントではなくなってきています。


コミケの作品はプロアマ問わずクオリティーが高い


素人作家が作成した作品ばかりではなく、プロの漫画家が商業誌で発表できない作品を同人誌として販売しているケースもあります。

逆に同人作家からプロデビューした漫画家もたくさんいますので、ある種の登竜門としての側面も持っています。

他にも企業ブースと呼ばれる区画があり、そこでは一般個人ではない企業が出展しています。
出展企業は主にアニメグッズを販売している会社ですが、他にもアニメ制作会社や出版社などのマスコミも出展していたりします。


アニメや漫画のコミケ限定グッズはチェックしよう


特定のアニメの制作委員会が単体でアニメのプロモーションのために出展している場合もあります。
企業ブースでは一般の店舗では買う事ができないイベント限定のグッズや、一般発売前に先行販売されるものなどがあるため、多くの人が集まります。

特にイベント限定グッズなどは、オークションなどで高値で売れる場合もあります。
そういった価値ある商品を目当てに、コミケに来場する人も少なくないようです。

そういった買い物を目的にしなくとも、アニメや漫画のキャラクターのコスチュームを着てコスプレを楽しむ人もいます。
そのようなコスプレイヤーや企業ブースのコンパニオンのコスプレ写真を撮る事を目的にしている人もたくさんいます。

それぞれがそれぞれの好きなものに向けて年に2回存分に熱気を発散できるイベントなので会場はある種異様な熱気に包まれています。
日本の漫画アニメの祭典といってもいいかもしれません。

いわゆるオタクやマニアといった人が多いので、戸惑うかもしれませんが、漫画やアニメが好きな方であれば、わくわくドキドキ心が踊る祭りに感じるはずです。