コミケ注意準備するもの_004コミックマーケットのサークル出展参加者が事前に「準備する物」や「必要な物」をまとめました。

コミックマーケットのサークル出展者が忘れてはいけない物


  • サークル入場証
  • 実際に販売するもの
  • つり銭用の小銭

当日に提出が必要な、サークル登録証見本誌票についても、忘れずに準備しておくと必要があります。

ここでひとつでも忘れてしまうと、次回のサークル出展にも大きく影響してしまいます。


コミックマーケットサークル出展者の入場について


サークル参加の場合の入場時間は一般参加者と異なり、午前7:00~9:00となります。
サークル入場証を持っていれば、サークル入場専用の入り口から会場に入ることが可能です。

逆にその時間内に受付をしないと遅刻扱いとなります。
販売一時停止措置を受け、次回申し込み時のペナルティとなるので必ず時間内に受付をしましょう。


コミックマーケット当日のサークル設営について


コミケ会場入場後には、自分のサークルスペースでサークル設営を行うことになります。
最初にスペースの上には椅子と、印刷所や他のイベントのチラシが大量においてありますので椅子を下ろして、チラシの類を処分をすることから始まります。

印刷所から直接現地に配送を依頼した場合には、荷物引渡し場所に届いているのでそれを取りに行く必要があります。

ちなみに荷物の搬入には搬入量の制限があります
持ち込める荷物は幅90cm×奥行き70cm×高さ150cm以内と定められています


搬入物には誤搬入防止や防犯の意味からも、サークルの場所やサークル名や代表者名を書いた用紙を貼付しなくてはいけません。

サークル参加者同士でコミュニケーションを取ろう


設営する際には周辺のサークルの邪魔にならないように注意してください。
最初に周りのサークルには挨拶をしておくと良いです。

サークルスペースの内側は他のサークルの人たちも通る通路になります。
荷物は邪魔にならないように置くように心がけてください。

お金や貴重品の管理はしっかり行うようにしてください。
スペースの設営は机の大きさが限られています。
上手にレイアウトすることが重要です。


サークル設営のポイント


サークル名とサークルの場所がわかるように配置すると、見つけてもらいやすくなります。

販売する物の他にも、サークルが今後参加する予定のイベントなどを書いたペーパーを準備しておくと宣伝効果もあります。

その間に、コミケ準備会がスタッフサークル登録票と見本誌を回収しに来ます。

コミックマーケットでは見本誌がとても重要


見本誌は過去に提出しているものについては、提出の必要はありません。
参加した回のイベントで新刊として販売するものに見本誌票を貼付してスタッフに提出します。

そこでスタッフが内容を確認します。
もし不適切だと判断された場合には、その本を販売することはできません。

コミケの見本誌注意事項


極度に過激な表現が含まれていない場合は基本的に大丈夫です。
スタッフが巡回してきた時点で準備ができてない場合には、その旨をスタッフに伝えてください。

スタッフは複数回巡回していますが、時間がない場合などは直接スタッフスペースに届け出たほうが良いです。

スペースの準備が整ったら開場を待つことになります。
開場30分前までは館内を移動できるので、企業ブースに向けての列に並び始めることもできます。

ただし、開場時間前にサークル列に並ぶことは禁止されています。
開場時間になり開場のアナウンスが流れると、各サークル参加者がみんな拍手をします。

この瞬間に開場に生まれる一体感は、とても心地よいものがあります。

あなたもサークル出展を体験してみませんか?