持ち物の準備だけでなく夏ならではの注意点が熱中症対策です。
建物内でも熱中症になるというのは皆さんご存知だと思いますが、まして開場前や買い物中でも並ぶ場所によっては炎天下にさらされる可能性がある夏コミでは
熱中症対策は避けては通れません。

屋外ではうちわなどで身体に風を当てたり、濡れタオルや汗拭きシートでこまめに汗を拭うようにします。
タオルや帽子などで日差しを遮るのはもちろん、長い時間屋外にいるような場合は薄手の長袖の上着も効果的です。

屋内では人が多く熱がこもりやすいため、汗がなかなか乾きません。
気化熱で体温調整をするために汗をかいているのにそれが蒸発しないので身体の熱が下がらず、
放っておくと熱中症の原因にもなってしまいますので、ときどき日陰や涼しい場所で何回か休憩を入れるようにしましょう。
ただ、会場内では座って休める場所はなかなかなく、風のある屋外の方が涼しい場合もありますので
少し疲れたなと思ったら屋外に出て日陰で休むようにし、飲み物を取ることをおすすめします。
水分は一気に大量に飲むのではなく、少しずつ飲んで内側から身体を冷やすようにしましょう。

「汗をかくから」と飲み物を控えるのは脱水の危険がありますので、きちんと水分をとり、休憩をするようにしてください。

最後に、(熱中症対策以前の問題ですが)参加する日の前日はきちんと睡眠をとり、当日の朝は朝食を取りましょう。
夏に野外でのスポーツ観戦やライブなどに参加された経験のある方はお分かりかもしれませんが、
こうした夏の屋外でのイベントはかなり体力を使うものです。
前日に休めていない身体で参加して、もし体調を崩してしまったらせっかくのイベントも楽しめません。

初めてコミケに参加する方にも是非楽しんできて頂きたいと思い、私の経験を交えて色々と書かせていただきました。
インターネットで検索すれば当日の様子や「これを持っていくといい」「あれが役に立った」といった情報はすぐに出て来るでしょう。
しかし、実際経験して見なくて分からない『場の雰囲気』だけはなかなか伝えられません。
どうぞ、興味があるという方は「参加者」として来てみてください。

これを読んだ方のコミケ初体験に少しでもお役に立てれば幸いです。