コミケ開場待ち
コミケ開場直後はまず開場待ちをしていた列から入場します。
(一般待機列といいます)
開場は10時ですが、始発の時間から並んで開場を待つ人達も多くいます。

企業ブースで販売される限定品や、極端に人気の高いサークルの頒布物を目的に来る場合が多いのですが、
朝からずっと待機列に並ぶのは体力をかなり消耗しますので、初参加ではあまりおすすめできません。


待機列に並ぶときの注意

コミケ並ぶときの注意
一気に入場するのは危険です。

列が動いたり止まったりとかなりゆっくり進むからです。
その年の天候や混雑具合にもよりますが、列の最後尾が入場するまでは大抵1時間半から2時間程度かかります。

「長い」と思われるかもしれませんが、ビックサイトの前の広場が埋まるほどの待機人数です。
こればかりはどうしようもありません…
もし朝から並ぶのであれば文庫本などを持って、気持ちと体力に余裕を持って並びましょう。


待ち合わせ場所は慎重に選ぼう

コミケ待ち合わせ
入場の際に東ホールと西ホールで誘導される順路が違ってきます。
待ち合わせなどをしている場合には、間違えないように注意しましょう。

携帯電話は最近では随分電波状況が良くなっていますが、やはり混雑がピークになる午前中などはメールの遅延などが見られます。
はぐれた時のために、時間を決めて分かりやすい場所で合流の約束をしておくことをおすすめします。


待機列が終わってしまえば、あとは殆ど並ばずに入場することができます。
お昼すぎになると、早い人では帰りに向いていることでしょう。
食事などは会場内でもとれる場所がありますが、混雑しているので持参する人が殆どです。

また、会場周辺で夜を過ごして始発より早く待機列に並ぼうと徹夜をするグループもありますが、始発が動く時間までは来場禁止です。
徹夜をすることのメリットはまったくありません。
むしろ寝不足で暑い会場内を移動しなければならない事、夜は人気も少ない場所ですから事件や事故に巻き込まれるかもしれないという
デメリットの方が圧倒的に多い
ので、絶対に徹夜での参加はやめてください。


もしコミケ会場で気分が悪くなったら

コミケ気分が悪いとき
もう一つ大事な事を書いておきます。
待機列で待っている間だけでなく会場内でもそうなのですが、混雑しているためトイレ待ちの列も長くなってしまいます。
特に夏は水分を取らなくてはいけませんので、気になったら早めにトイレに並ぶようにしておきましょう。
具合が悪くなって歩くのも辛い場合には、
近くにいる腕章を付けたスタッフに声をかけるか、
周りの人にスタッフに連絡してもらってください。
しっかり対応してくれます。