CrazyTalk Animator 2ロゴキャプチャ
2D動画を簡単に作ることが出来るCrazyTalk Animator 2を購入しました。

CrazyTalk Animator 2は、
2Dキャラをマウスで動かしながら操作する動画作成ツールです。
youtubeなどの動画形式だけでなく、gifアニメとしても出力できるので便利です。

実際に作ったgifアニメ↓
testアニメ2
コミポの動画作成版のようなもの(ちょっと違う?)
日本で流行っているキャラミンのようなものです。


買って使おうと思ったら、
動画マニュアルは英語版しかありませんでした。

CrazyTalk Animatorの日本語マニュアルもありますが、
少しわかりにくいので、自分なりに翻訳し備忘録として残します。


今回見ながら作成した動画


※youtubeには翻訳機能がありますが、日本語訳が正しく表示されません。
試したい方はこの記事をご覧ください→youtubeの他国語音声を字幕表示し翻訳する方法


CrazyTalk Animator 2の起動画面

起動画面
コミポを使っている人ならわかりますが、

すでに作られたデータを、マウスのドラッグ(またはダブルクリック)で動かして動画を作ります。

誰でも簡単操作で組み立てることができます。
だから買ったんです(笑)


始めから使えるデータ、バリエーションは少ないですが、
追加購入することができます。

  • 動かすキャラクター
  • 背景
  • 動き(アニメモーション)
  • その他アクセサリー(文字やふきだし、小物など)

では、動画マニュアルの通りに作っていきます。

まずはシーン(背景)を設定

オフィスシーンを配置
左のシーンをマウスで移動する(もしくはダブルクリック)で表示されます。

拡大縮小は、マウスの真ん中のぐりぐり(ホイール)を動かすとできます。


CrazyTalk Animatorは、3Dデータで作られている

3Dデータ表示
シーンといっても、実は全部バラバラの3Dパーツです。
特に壁や天井を動かす時は、複数を選択して動かす必要があります。

複数を選択する2つの方法
  • 少ない場合・・・ctrl+マウスで複数を選択
  • すべてのアイテム・・・altで一括選択

※用意されたシーンだけでなくご自身の画像や写真・動画を背景にする事もできます。


アイテムの表示・非表示はシーンマネージャーで行える

シーンマネージャー
いらないアイテムや、編集時に邪魔なアイテムがあるかもしれません。

そんな時は、右下のシーンマネージャーを使うと便利です。


2Dキャラクターを配置

キャラクターを配置
アクターという表示の中に、キャラクターがあります。
移動すると、ポーズを決めることができます。


※動画では3Dモーションを使っていますが、
スタンダードには2Dモーションしかありません。

3Dモーションを使う時は、プロ版を購入する必要があります。
スタンダード5000円(今回購入したソフト)
プロ版15000円(値段が3倍)


2Dモーションでも、ある程度の表現は出来ます。
2Dモーションエディタ 上の画像では、右のキャラの手と足を動かして、蹴りポーズを作りました。

2Dモーションで座った場合 ※2Dモーションで座ったイメージも作れる。

個人で使うなら、スタンダードで問題ないと思います。


キャラに動き(2Dアニメーション)をつける

テストgifアニメ ※バックの画像が変な風に動いてますが、気にしないでください。
途中で変な風に触ったので

動かすキャラを選択しアニメーションダブルクリック

アニメーションをつける
左向きに歩くのであれば、左向きのモーションを選びます。
穂のほかにも右向き、前向き、後ろ向きとあります。


動く位置までドラッグでキャラクターを移動

スクリーンショット 2014-12-27 16.17.38
マウスで動かすだけなので、覚えることはほとんどありません。

動作をつけたらエクスポート

エクスポートでgifアニメに変換
設定状況
  • 形式:gif
  • エクスポート範囲:指定
  • ループオプション:無限
3D立体視はチェックをしなくてもOKです。
チェックを入れると左右に2枚表示されます。