動かす漫画_001私は主に、2つのアニメーションソフトを使っています。

  • 漫画作成ツールコミPo!
  • 2Dアニメーション作成ツールCrazyTalk Animator
どちらも、3Dキャラを動かして画像を作成するソフトです。

コミPo!とCrazyTalk Animatorは何が違うのか


根本的に違うのは、
人が見た時に動きがあるかどうかです。

コミPo!の場合

漫画作成ツールなので、
漫画を作るのが一般的な使い方です。
新生活でお金がない
主に静止画ですが、gifアニメも作れます。


コミPo!は、そのままtwitterに投稿できますので便利です。

CrazyTalk Animatorの場合

動きのあるアニメーション・動画が一般的です。
test
基本的に、gifアニメ(ソーシャル投稿なし)か動画です。
動画は、いつもYouTubeに投稿しています。


ここで、ある考えが生まれました。
それは、「コミポ漫画を、動画に出来ないのか?」ということです。

コミポをYouTubeで動かすには?

動かす方法としては、二種類あります。

一つ目の方法は、漫画のコマ割を表示させる方法です。

windowsムービーメーカーでスライドショー

mihon
いつもこのパターンで作っています。
ありきたりなスライドショーです。

コミPo!+ムービーメーカーで作成した動画がコンテストで入賞しました
げん玉動画コンテストで受賞!コミPo!動画が採用された秘訣とは?

スライドショーでは、ちょっと物足りません。
しかも、結構時間がかかります。(1~2時間ほど)

そこで、2つ目の方法です。

CrazyTalk Animatorで動かす

早速作成してみました。


コミックを読むような動きで作れるのが特徴です。
動きがあるだけで、ちょっと変わった動画が作れます。

これならちょっと楽に作れる気がします。